男性の顔を女性に変えてみる(1/2)


 

どうもKazです。
イロイロとバタバタしておりまして、しばらくコチラに記事が書けない状態だったのですが
やっと準備が整いましたので久々に書いていこうと思います。私が記事を書けずにいた頃、Twitterでは「Photoshopを使って男性を女性に加工する」と言ったツイートを多く見かけました。
早速、見に行くと確かに女性っぽくなってはいましたが、ベースの男性の顔が若干女顔に感じられました。
そこで…
「そんな事思うんだったらメッチャおじさまの画像から女性の顔にしてみろ!!」
と約1名…ワタクシから言われましたので加工をしてみました。

少し長くなりそうなので、数回に分かれるかと思いますが
お付き合いください。



さて、素材はどうしたモノかと悩んだ時には
フリー素材ぱくたそ(www.pakutaso.com) 様
本当に重宝しております。

そして、選んだ写真がコチラ

うん、メッチャ「おじさま」じゃないですか!! この写真で行ってみよう!!

さて…
今回は「顔」をメインに加工していきますので、ここから先は顔のみになります。

さて、どうするか… ヒゲでも剃るか…


基本的にスタンプツールを使ってワシワシと消していきます。
イロイロと便利なツールや方法はあるのですが、ヒゲ1本1本生えている周りの色も気にして潰していくには地味ですがスタンプツールで処理していった方がいいです。

お次は…肌のキメでも整えますか


おじさま特有の毛穴の黒ずみなどありますから、ここは思いきて複製したレイヤーを「ぼかし」て、必要な部分だけレイヤーマスクを使い出していきます。
ダスト&スクラッチでもイケそうですが、滑らかさを出すには粒状感が強すぎる気がします。
この段階で、若干カゲを薄くしてたりします。
作業的には新規レイヤーをオーバーレイにして濃いめの肌色を塗っていきます。
薄く塗っていかないと調整が難しいのでお気をつけください。

肌のキメを整えましたので、次は「シワ取り」と「美白処理」を…


一気に若返ってきた感じがするのは私だけでしょうか?
シワはスタンプツールで消していきます。これも周りの色の差を見ながら作業をしていきます。
あとは、背景を複製してスクリーンで重ねたり、気になる所はオーバーレイの新規レイヤーを用意して明るい肌色を塗っていくとライトを当てたように明るくなっていきます。

ん〜女子力を盛るには小顔にしてみるか…


という事で、右と左に分けて寄せて輪郭のみ修正してみましたが…
おじさまの顔から青年の顔になった気がしますが…いかがでしょうか?
若干、中性的な感じも出てきましたので

もう一盛り!!


若干重めの二重を修正して目をパッチリとしてみましたが…
行きすぎかなぁ…とは思いましたが、このまま突っ走ります!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です