Macの立ち上げ時、Evernoteアプリを自動起動させないようにする方法


 

ノートアプリとして定番の「Evernote(エバーノート)」。ビジネスではもちろん、プライベートでも活用されている方はたくさんいらっしゃるかと思います。

ブラウザ版の他に、Macにインストールできるアプリ版もあるのですが、このEvernoteアプリの初期設定では、Macのシステム起動時に自動的にアプリが立ち上がるようになっています。

個人的に使用頻度が高いのはブラウザ版の方。アプリ版はネット環境に不具合があったときの予備程度のものだったので、起動のたびに立ち上がってしまうのは結構煩わしい。。
なので自動起動をオフにしようと試みてはみたものの、なかなか長いこと解決策が見当たらなかったのです。

今回その悩んでたものが解消されたので、小ネタではありますが記事にしてみました。

設定箇所は「Evernote」と「システム環境」の2つ。
詳しい手順(とはいっても、簡単な方法なのですが。。)は以下からどうぞ。

※以下は2017/5/10現在の情報です。

1 Evernoteアプリの設定


まずはEvernoteアプリからの設定です。


Evernoteのメニューバーの「Evernote」から「環境設定」を選択します。


「環境設定」の「全般」から「コンピューターにログインした時にEvernoteを起動」のチェックを外します。

これでEvernoteでの設定は完了です。

2 システム環境の設定



デスクトップのメニューバーの「アップルメニュー」から「システム環境」を選択します。


「システム環境」内の「ユーザーとグループ」を選択します。


「ログイン項目」のタブをクリックし、一覧の中から「Evernote」を選択した状態で下の「-」ボタンをクリックして完了です。

終わりに


アプリの自動起動の設定は、通常「システム環境」からだけでできるものがほとんどなのですが、Evernoteはアプリ自体に設定項目があるため2箇所の設定の見直しが必要です。どちらかがオンになっていると、自動起動はオフにはなりません。

設定自体は簡単ですが、私自身それに長らく気づかず、なぜだろう?と首をひねっていました。。

同じようにお悩みの方は、ぜひおためしください。