Illustratorで手描き風【水彩画風の塗り】

170131_06
 

ブラシを使用した線を使った手描き風の表現「不透明マスク」を使用したがさっとしたラフな塗り表現など、Illustratorを使用した手描き風の加工をこれまでご紹介してきました。
今回はIllustratorだけでできる、水彩画風の表現方法です。

170131_13
とある案件のデザインをしていたときのこと。
基本はIllustratorのベクターイラストなのですが、塗り方だけ水彩画のような表現ができないかとの指示をいただきました。

なにかいい方法はないかと探していたところ、3倍早くなるためのDTP講座 様こちらの記事で紹介されていた方法がとても参考になりました。
自分なりに試してみたものを、覚書として今回記事として残しておきます。



水彩テクスチャーを重ねる


170131_01
例として加工を加えていくのはこちら。水彩テイストに似合いそうだったので、桜には少し早いですが花見のイラストにしてみました。


まずテクスチャーを重ねて、全体の質感を水彩っぽくしていきます。

この段階では色の濃淡だけを出したかったので、テクスチャーはモノトーンのものを使っています。
今回は水彩絵の具のような質感のものにしましたが、クレヨン画や鉛筆画、ペンキ塗りなどでも面白い効果が出るかもしれません。

170131_12
BEIZ Graphics様の水彩素材を使用させていただきました。ありがとうございます!

新規レイヤーを最前面に作成し、テクスチャーを配置。
透明パネルから描画モードを「オーバーレイ」に変更します。

170131_10

 絵の具だまりでふちを濃いめに


水彩画のようなふちの絵の具だまりを作っていきます。

まずモチーフを前面にコピー&ペーストします。

コピーしたモチーフに対して、効果→スケッチ→コピーを適用します。

170131_14
170131_15
170131_09
コピーを適用するとこんな感じに。


この効果を適用したモチーフを透明パネルから描画モードを「オーバーレイ」にし、透明度を調整します。

じわっと縁が濃くなりました。
じわっと縁が濃くなりました。


このコピーの効果は、グループ化したオブジェクトに対しては別色ごとに適用されますが、そうでない場合は各オブジェクトごとに適用されます。
境界線を出したくないモチーフは、効果をかける前に必ずグループ化しておいてください。

170131_05

色ムラをつける


水彩絵の具のにじみでできる色ムラをつけて、さらに仕上げていきます。

50%のグレーで円を作成し、効果→ラフを適用。

効果→内側に光彩と効果→外側に光彩

170131_16
ふちが凸凹していて、内側外側ににじみができているようなオブジェクト。なんとなく作っても、重ねてみるとそんなに粗さは気になりません。


描画モードを「オーバーレイ」にし、透明度を調整して重ねます。

グレーを白に近づけると明るく、黒に近づけると暗くなりますので 調整しつつ仕上げていきます。 グレー以外に彩度のある色を乗せても、混色したような面白い効果になるかも。

170131_02
そんなこんなで完成です!


透過画像にする場合


オブジェクト→透明分割で不要なオブジェクトを削除で完成です。

まとめ


主に効果のコピーを使用して色ムラを作っているので、モチーフ内の各オブジェクトごとに濃淡を微調整することはちょっと難しいかもしれません。
ただ、効果をかけたものを重ねるだけでできてしまうので、手軽に試したいときに手早くできるのがいいですね。

フラットなイラストに、水彩の柔らかい質感をちょっと足したいなというようなときおすすめです!

参考


Illustratorで水彩(風)表現|3倍早くなるためのDTP講座 様


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です