痒い所に手が届く!? Chrome機能拡張



20160930kaz_top


どもっ。Kazです。
メインのウェブブラウザは何を使っていますでしょうか?
私の場合は、safariからFierfoxを経てChromeで落ち着いています。
そしてWebの制作をしていくと、アレコレと機能拡張を入れては止め、入れては捨てを繰り返すのですが
その中で、意外と使える機能拡張を紹介していきます。



ユーザーエージェントの切り替えをサクッと行える
User-Agent Switcher for Chrome

アクセスするブラウザや端末の違いで表示がどう変わるか、サクッとチェックするにはもってこいの機能拡張です。
初期のプリセットも十分ですが、ユーザーエージェントの追加もできるので入れておくと便利です。



Cookieの管理が簡単
EditThisCookie

とにかく「サクっ」とブラウザのクッキーアイコンを押せば現在のCookieの状態を確認する事ができます。
Cookieの値も簡単に変更できるし追加や検索などなど機能も豊富ですので、Cookieを使ったサイト制作には必需品になると思います。



今見ているページを上から下まで画像にしたい!!
Open Screenshot

長いランディングページや各Webページの全体を把握したい。修正指示のためにページ全体の画像が欲しいなど
ブラウザのカメラアイコンをクリックすれば「ページ全てをスクリーンショット」するのか「見たままをスクリーンショット」するのかなど選べてサクッと画像にしてくれます。
プリントアウトする時にレイアウトが変わってしまったりする時もサクッと画像にしてプリントすれば崩れる事なく出力できます。



アナリィクスのチェックも簡単。
Page Analytics (by Google)

自身でチェック可能なアナリティクスを埋め込んであるサイトにアクセスした時、解析表示がONになっているとページ上部にアナリティクスの数値とグラフをそれぞれに表示してくれます。もちろん項目は変更できるので気になる項目を簡単にチェックできます。
また「今見ているページからドコへのアクセスが多いのか?」色分けやパーセント表示でチェックする事も可能です。
アナリティクスのチェックが多い方には本当に便利な機能拡張です。




よく探してみると、困っている事を解決してくれる機能拡張があったりするので、イロイロと試してみて使いやすいツールに仕上げてみましょう。


オススメがある方は、ぜひコメント欄に!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です