Internet Explorer 8・9・10 のサポート終了

 

ie
2016年1月12日でInternet Explorer 8・9・10 のMicrosoftサポートが打ち切られました。

では、Microsoftのサポートが打ち切られたらどうなるのでしょう。

 

Internet Explorer 8・9・10を使用するデメリット

●セキュリティの更新
サポートが終了するので、更新が止まります。
セキュリティの問題が発生しても更新されないので、ウィルスや情報漏えい脅威にさらされ攻撃を受けやすくなります。

●ウェブサイトの対応
サポートが終了するブラウザにウェブサイトが対応しなくなってきます。
今後、見れないウェブサイトが次々と出てきます。

 

現在、お使いのOSでサポートされているInternet Explorer

OS サポートされているIE
Windows Vista SP2 Internet Explorer 9
Windows 7 SP1 Internet Explorer 11
Windows 8.1 Internet Explorer 11
Windows 10 Internet Explorer 11
 

※Windows Vistaのみ2017年4月11日(Windows Vistaのサポート終了)までInternet Explorer 9がサポートされます。
もちろん使い続けることはできますが、約1年後に同じ問題に直面します。
これを機会にPCを買い換えるか、OSをアップグレードすることをおすすめいたします。
まだVistaを利用したいのであれば他のWebブラウザへ移行することをお勧めします。

 

対応策

セキュリティ面を考えると、サポートが終了したInternet Explorer 8・9・10から
お使いのOSでサポートされているInternet Explorerにバージョンアップを行う。
もしくは、他のWebブラウザへ移行することで、問題は解決致します。

これを機会にぜひバージョンアップすることをお勧めいたします。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です