Mac OS X El Capitan(OS10.11 エル・キャピタン)のMail設定 

02

2015年9月30日にリリースされたOS X El Capitan(OS10.11 エル・キャピタン)の
標準Mailで、今までのPOP形式の設定ではサーバー認証できない事象が起きました。
この記事は2015/10/03時点の記事です。

OS10.11にアップグレードする際に、
標準Mailも合わせてバージョンアップします。

バージョンアップ後にMailを開くと、
受信エラーが起きます。
内容は、POP形式の設定でサーバー認証できないということでした。
●認証状況
サーバー上のログを確認したところ、
POP認証のパスワードがブランク状態で送信されているため認証できない。
●対処方法
アカウントの詳細の「アカウント設定を自動的に検出して管理」のチェックを外す。

01
上記の対処法でPOP形式でサーバー認証が通りました。

既存のアカウントの受信用メールサーバーのパスワードの再入力や
アカウントの再登録などを行いましたが状況は全く変わらず。
「アカウント設定を自動的に検出して管理」のチェックを外すことで回避することができました。

今後のバージョンアップやご使用のサーバー状況で変わる可能性がありますが、
POP形式のサーバー認証エラーの場合は、参考にしてみてください。


「Mac OS X El Capitan(OS10.11 エル・キャピタン)のMail設定 」への2件のフィードバック

  1. ありがとうございます!

    設定がうまくいかず困ってました。。。。
    ちょっと不親切ですよね。。。。
    助かりました😂

    1. サトウ様
      フォローアップありがとうございます。
      お役に立てて光栄です。
      確かに不親切ですね。私たちもかなり悩みました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です