段組み設定を使った、ワイヤーフレームの作成

いよいよ今年も残すところ、あと一週間!
一年あっというまでした。

今回は、Illustratorの「段組み機能」を使用した、ワイヤーフレームの作り方です。

サイトデザインをする前に、ページのレイアウトの目安として作るワイヤーフレーム。
以前の記事でもふれましたが、CSSniteで「段組み設定」を使った、ワイヤーフレームの作り方を紹介されていました。
それを参考に、940グリッドシステムに沿ったワイヤーフレームを実際に作ってみました。

1、長方形ツール

長方形ツールで、幅940pxの長方形を作成します。
(高さは任意ですが、キリよくできる1500pxで作りました)

長方形作成

2、段組み設定でパスを分割

オブジェクトメニュー>パス>段組み設定を選択します。

段落設定

今回は1カラム60pxとしたいので、
下図のように設定しました。

分割

すると、このように60px角のカラムに分割されます。

分割後

あとで変更するときのために、これをまるまる別レイヤーにコピーしておきます。

3、カラムを結合させる

任意のカラムを複数選択し、オブジェクトメニュー>パス>段組み設定を選択します。
列数・行数ともに「1」にすると、カラムが結合されます。

結合

 

あとは、写真や文章のダミーを作り込んで完成です。

完成

有料ですがwireMagicがダミー画像の作成に便利だそうです。
カラムを選択して、ダウンロードしたグラフィックスタイルを適用するだけなので、さらにお手軽にできますね!


 

段組み設定を使うと、マージンやカラムのサイズを計算せずに、感覚的にワイヤーフレームを作ることができます。
別レイヤーに保存していた、分割前のカラムを使えば、あとからの修正もカンタン。
ワイヤーフレーム作りが、ちょっと面倒だなと感じている方はぜひお試しください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です