海外サイト制作でのfont-family

今回、仕事で海外対応サイトの制作をする事になり



いざ制作しようとした時に一番悩んで試行錯誤したのがゴシック系の『font-family』の設定でした。

しかも、英語はともかく『ベトナム語』『韓国語』『中国語』なのです。



どこか詳しく描いているサイトはないものかと漁ってはみたものの

以外と少ない。

そして

英数字と現地の文字が混ざった時に太さや形状がハッキリと違って見えるので

まったくもって読みづらいだろうなと思う物が多かったのです。



かといって、まったくもってダメダメかと言う訳ではなく

今できる範囲で良いトコ取りをして、試行錯誤して何とかしっくりくる物ができましたので

現在、海外サイトで悩んでいる方は試してみて下さい。



ベトナム語は対応できる標準フォントが限られていますので

font-family: Arial,sans-serif;

基本的にはArialは賛否ありますが万能なようです。



中国語の場合は

font-family: Simhei,MS UI Gothic,Hei,sans-serif;

SimheiHei辺りが効いて差異が少なく統一感がでます。


韓国語が一番悩んだのですが

font-family: "돋움","중고딕","중명조",dotum,AppleGothic,Arial,Helvetica,Clean,sans-serif;

のセットで落ち着きました。

どうしても英文字と韓国語の文字でガチャガチャしてしまって、なかなかシックりしなかったのですが

いくつかのサイトと生粋の韓国のHPを調べて
落ち着きました。

若干盛り盛りな感じではありますが…



もし、海外サイトを制作されている方で同じような事に悩んでいましたら

一度試してみて下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です