WORDPRESS 権限の違いと複数管理者対応

WORDPRESSの管理者権限には5つの種類があり、それぞれに投稿や編集に関する権限が違います。

今回は、その権限の違いと、それを踏まえて複数の管理者が居る場合の対応についてです。

 


管理者権限の種類として

『管理者』『編集者』『投稿者』『寄稿者』『購読者』の5つの権限があります。




『管理者』とは?

WORDPRESSの全てに対して編集・管理できる権限を持ちます。


『編集者』とは?

記事に対しては編集や公開・削除など全ての権限を持ち、カテゴリやリンクなどの編集が行えます。


『投稿者』とは?

投稿者本人の記事を公開・管理する権限は持ちますが、ファイルをアップロードする事ができません。


『寄稿者』とは?

記事の投稿や自分の記事の管理はできますが、記事の公開やファイルのアップロードはできません。


『購読者』とは?

コメントの読み書きやメールマガジンを受け取る事はできますが、コンテンツに関わる事は一切できません。






以上のような違いがありますので、サイトの運営を考えて各権限を割り振り、特定の権限にのみ『WP Admin UI Customize』などで余計なメニュー等を非表示等にすれば良いのですが


この権限だけでは管理ができない場合や、もっと細かく管理画面のカスタマイズを必要とする場合があります。

そんな時に使える便利なプラグインが


・User Role Editor

・Adminimize


の2本です。


 


自分で権限を作成できる

『User Role Editor』


このプラグインは、管理者の種類を増やせて、権限も操作できる優れものです。

たとえば、基本的には「投稿者」の権限だけど記事に関しては削除も含め全ての権限を持たせた「主任投稿者」権限と言った種類を作れます。




権限別に管理メニューをカスタマイズ

「Adminimize」


このプラグインは『User Role Editor』で作った権限も含めて、各権限ごとにメニューの非表示など管理画面をカスタマイズすることができます。

 


この2つのプラグインを使う事で、多数の管理者で管理する場合に必要な権限のみを与えられて、しかも必要なメニューのみ表示させる事ができます。


『functions.php』で対応も可能な所もありますが、プラグインを使って権限の設定をした方が管理しやすいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です