MACではじめるUstreame

前の記事に引き続いてUstreameでの配信方法を紹介します。


私がMacユーザーなので、Macで配信する方法をお教え致します。


とりあえず、必要なソフトですが…


・Ustream Producer (Ustreameが提供するソフト、メインとなる中継ソフト)


・SoundFlower(Mac内の音声をコントロールするソフト)


・CamTwist(映像にテロップやエフェクトをかけるソフト)


・LadioCast(ミキサーソフト)


とりあえず、これだけ入れとけば十分な配信ができます。




まずは、おおざっぱな構成を説明すると

イロイロな音声は『LadioCast』でミキシングし、イロイロな映像は『CamTwist』と『Ustream Producer』でミックス。

さらに、音声と映像を『Ustream Producer』でまとめて配信いたします。

 


音声について。


音声をコントロールするソフトは『SoundFlower』と『LadioCast』です。

音声のソースとしては『Macが出す音』と『マイクからの音』がありますが、これを一つのボリュームで調整するのは難しいですよね。

通常、Macの音声はシステム環境設定でミキシングされスピーカーに出力されます。

ソコをSoundFlowerでミキシングされないようにします。

『Macが出す音』をSoundFlowerへ流し、LadioCastでマイクとSoundFlowerの音をミキシングして内蔵出力へ出します。


映像について。

Ustream Producer』のプロ版であれば、単体でテロップやワイプ(小窓を使った2画面)はできるのですが、無料版ではできません。そこで『CamTwist』を使ってテロップなどを付けた映像を用意する訳です。


これで、映像と音声がそろいましたので、『Ustream Producer』で映像を『CamTwist』、音声を『LadioCast』から、それぞれを選んで、ミックスして配信いたします。


文面で見るともの凄くヤヤコシイですが、1つ1つの設定は簡単です。


 


ustreame_flow


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です