手軽にLive配信

YouTube、ツイキャス、Ustreame…などなど


現在、動画をアップして見てもらうサイトと同郷に臨場感のあるLive配信サービスも増え


一般の人たちでも気軽に配信ができるようになりました。


配信用のアプリも増え、若年層はツイキャス(TwitCasting)を使う方が多く


オフィシャルなLive配信ではUstreame、YouTube ライブが使われているようです。


では、気軽にLive配信を行うとしたら何が一番良いのか?


やはり、iOSやAndroid OSなどの携帯端末に対応したアプリケーションを提供している物が一番簡単に行えます。


画質など特にこだわりがなく、Twitterアカウントがあるのであれば「ツイキャス」が一番早く使えるでしょう。


ツイキャスでは30分を1枠として配信でき、見ている側はコメントや独自アイテムを配信者に送ることができます。


この独自のアイテムの中にコインがあり、配信中に5枚を閲覧者からプレゼントされると自動的に1枠追加され+30分延長配信ができます。


 


配信者の幅広い希望に対応し、気軽にもできるのがUstreameです。


携帯端末用の閲覧・配信アプリやパソコン用の配信用のアプリなどを提供していますので、気軽に配信が行えます。


Ustreameは「枠」の概念がなく、すきなだけ配信する事ができますので、定点観測などの配信もすることができます。


YouTube Liveは、専用のアプリがないため配信用のアプリやエンコーダーを用意する必要があるようで、まだまだ気楽に配信と言う訳にはいかないようです。


 


待ち歩きLive配信をしてみよう。


・配信サービスは「ツイキャス」か「Ustreame」で配信できるアプリを利用。


・携帯電話のデータ通信料に余裕があれば、そのまま配信を行います。


・期間限定であればデータ通信用モバイルWi-Fiを日割りでレンタル利用した方が良いようです。


以上の1つか2つの機器で配信ができますので、アクティブに動き回りながらの配信ができてしまいます。


 


配信は今後、もっと気軽に行えるようになると思いますが


配信する際はプライバシーと著作権を考えて配信を行って下さいネ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です